• TUTOKOについて
  • 東京から10000キロ離れた、
  • ニュージーランド南島のテ・アナウより

About Us

ツトコサイトを訪れていただきまして、ありがとうございます。

テ・アナウってどこにあるの?

newzealandmap_displaythumb_medium_ja今、このページをご覧いただいているあなたは何処にいらっしゃるのでしょうか? 一度、世界地図を広げてみましょう。

世界地図をずっと南下すると、ニュージーランド(New Zealand)があり、更に南下するとニュージーランドの南島がありますね。

 私たち、ツトコアウトドアガイズは日本から10000キロも離れた、ニュージーランド南島の「テ・アナウ」という町にあります。地図で見つかりましたか?

「難しいよぉ」 そんな声が聞こえてきそうですね。
そうでしょう、テ・アナウは人口3000人ほどのの小さな町ですから、なかなか見つかりません。

でも、この国で2番目に大きなレイク・テアナウなら、みつかるでしょう。

「おお、あった、あった」ありましたか? その湖の下辺りの左側に町があります。そこが、ツトコアウトドアガイズのベースの街、テ・アナウです。

lake_teanauテ・アナウはこんな風に、地図で見つけるのが難しい町ですが、「テレビや本で聞いたことがある」「ニュージーランドの町だと知っている」という方も多いでしょう。

テ・アナウは別名「Walking Capital(山歩きの首都)」と呼ばれるくらい、ニュージーランドトレッキングの拠点として有名な町です。
すばらしい、手付かずの自然が残る、世界遺産にも指定されたフィヨルドランド国立公園に隣接し、フィヨルドランド国立公園内にたくさんあるのハイキングコースを歩くことができますので、「夏になると人口が3倍になる」と言うほど、世界各国から人々が集まってきます。

たくさんのコースは、何日もかかるコースもあれば、日帰りで楽しめるコースもあります。
これだけインターネットが普及していますから、行かなくてもコースを良く知っている(?)方も、いらっしゃるかもしれませんね。

さぁ、皆さんも広げた地図を片手に、ニュージーランド(New Zealand)にいらっしゃいませんか?

このフィヨルドランドを歩きにいらっしゃいませんか?

日本語でガイドの説明が聞けます

ここには、毎年、本当にたくさんの日本人トレッカー・ハイカーが来ます。

日本では、最近、「中高年の山歩き」とか「ウォーキング」が盛んになってきたためか、若い方よりも年配の方が多いくらいです。
しかし、その多くの方々が、体力的な不安と、ここは「海外」ということもあって、やはり「ガイド付き」で歩かれる方、それも「日本語ガイド」の方がいい、と仰る方が殆どです。

やっぱり「日本語」での自然について説明を聞くことができるのは楽しさも増しますね。
「ルートについて精通していて、ニュージーランドの自然についてよく知っており、何かあったとき頼りになって、さらに楽しませてくれる”ガイドさんがいたら、どんなにいいだろう」

「ツアーではなく、自分たちだけでニュージーランドへ行って、トレッキングしたいけど、どんなふうにガイドさんを探したらいいか判らない。インターネットで探せたら、いいよなぁ~」

私たちツトコアウトドアガイズはこんな声から生まれました。
「これからニュージーランドへトレッキングにいこうかな?」とお考えの方、「もう一度、ニュージーランドへ行きたい!」という方、そして、「どんなところなの?」「どんなハイキングがあるのかな?」と興味がある方、このサイトはそんな方たちのためにご用意しました、どうぞ、ゆっくりとご覧下さい。

Mt. TUTOKO

マウント・ツトコ(ツトコ山)は フィヨルドランド国立公園最高峰で、登頂が難しい山です

会社名の「ツトコ」というのは、フィヨルドランド国立公園の最高峰、マウント・ツトコ(Mt.TUTOKO)のことです。

上半身裸で住む先住民族マオリ族の人たちの中でも、寒い南島南部に住んでいたマオリ族は屈強でした。「ツトコ(TUTOKO)」はその中でも勇敢なツトコ族の酋長の名前で、この街にはこのツトコ族の子孫さんがいらっしゃいます。晴れた日の、Mt.TUTOKOは人を寄せ付けないような、息を呑む美しさですが、登頂が困難な山です。

英語が母国語でない私たちがここで会社を運営していくのも、ツトコに登頂するように一歩一歩着実に、という気持ちを込めて、会社名を名付けました。

マオリ後は日本語に良く似ているので、「ツトコ」と普通に発音してください

山の周りには、「ツトコヴァレー」というコースがあり、ニュージーランド山歩き本来の良さが残る、すばらしいコースですよ。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial