• 11月~3月、2012/2013 シーズン
  • オリジナルツアー

Tutoko Original tour

毎シーズン(11月から3月)のツアー

ニュージーランドを代表するトラックをツトコガイドと歩きましょう!

11月~3月のご希望日現地発:現地ガイドと歩く、ミルフォード・ルートバーン・ハンプリッジトラック

今までご要望はあったのに設定がなかった、2名さまから催行!!
「現地ガイドと楽しむ、ミルフォードトラック・ルートバーントラック、ハンプリッジトラック」。ミルフォード&ルートバーン、そして南島最南端で最新のハンプリッジをツトコガイド同行で歩きましょう。

2名さまから催行いたします!!

「ツトコオリジナルツアーに参加したいけど休みが取れない」、「ガイドさんと一緒に歩いたら高いんだろうな」、「ミルフォードを歩いた時、ミルフォードのガイドは一緒に歩かないんですね・・・。一緒に歩いて欲しいのですが、二人からでもガイドしてもらえるんですか?」

ミルフォード・ルートバーンなどの「ガイディッドウォーク」は歩行中、「ガイドが一緒に歩かない」ため、「現地ガイドさんがいたら」というお声を聞きますが、「2名さまでは高くなるから設定しても催行されないのでは?」と思っており、今まで設定しておりませんでした。

し・か・し、見積もりをしてみたら「意外に」高くなかったので、これなら日本の旅行会社さんへの申し込み料金でガイドが付けられる!と確信いたしました。

お仕事で長いお休みが取れない方、ご夫婦・お友達二人だけで歩きたい方、ツトコガイドと共にガイディッドウォークを歩きたい方、そんな方のためのツアーです。

 

ツアーのポイント

▼ ご出発日はご希望日で、2名さまから催行。
▼ 「世界一美しい散歩道」と言われるミルフォードトラック、山岳眺望の素晴らしいルートバーントラック、南島最南端で村興しのトラック・ハンプリッジトラックをツトコガイドと共に歩きます!
▼ ご参加者には、弊社出版の「ニュージーランドの植物」を一冊(ご夫妻の場合は一世帯に一冊)プレゼント!

 

ツアー催行日と期間

▼ 11月から翌年3月までのご希望日ご出発。ただし、それぞれのトラック予約が取れた場合に限ります。
▼ ミルフォードトラックは9日間、ルートバーントラック・ハンプリッジトラックは8日間(ルートバーントラックに限り、7日間も可能です)。

 

各トラックツアー代金・2012 / 2013 シーズン (2名さまお申し込み時)

▼ ミルフォードトラック・お一人さま、$4410ニュージーランドドル

▼ ルートバーントラック・お一人さま、$3650ニュージーランドドル

▼ ハンプリッジトラック・お一人さま、$@@@@ニュージーランドドル

(この料金に含まれるサービスは、旅行条件書でご確認下さい)
当社旅行条件はこちらからPDF download

ミルフォードトラック

行程 お食事
2日目 クライストチャーチ着~国内線~クィーンズタウン着。空港よりお客さまのみで混載バスにてテ・アナウまで移動。<テ・アナウ泊> 機 × 夕
3日目 テ・アナウ発でミルフォードトラックガイディッドウォークスタート。船で移動後、最初の日は足慣らし。<グレイドハウス泊> 朝 昼 夕
4日目 ミルフォードトラック2日目:クリントン川に沿って、苔むす原生林の森の中、谷間を進みます。<ポンポローナハット泊> 朝 昼 夕
5日目 ミルフォードトラック3日目:ハイライト、標高差800Mを上がるマッキノンパス越えの日で、ぜひともお天気になって欲しい日。<クインティンハット泊> 朝 昼 夕
6日目 ミルフォードトラック4日目:最後の22km、頑張って歩ききったら、完歩証をいただくことが出来ます。<ミルフォードサウンド泊> 朝 昼 夕
7日目 ミルフォードトラック5日目:氷河が造ったミルフォードサウンドの入り江をクルーズ後、テ・アナウを経由し、ガイドとお別れしてクィーンズタウンへ。弊社提携ガイド会社の現地ガイドがサポート。湖のほとりのリゾート地でお寛ぎください。<クィーンズタウン泊> 朝 昼 ×
8日目 お客さまのみで空港、国内線でオークランドへ。弊社提携ガイド会社の現地ガイドがサポート。ニュージーランド最後の夜をお楽しみ下さい。<オークランド泊> 朝 × ×
9日目 朝、オークランド国際空港へ移動、その後、日本へご帰国。 機 機

【お食事回数】

▽ 朝・5回(ご出発日は含んでおりません)、▽ 昼・4回(自由食・2回) ▽ 夕・4回(自由食・2回)

 

ルートバーントラック(7日間は3日目のハイキングなしの行程になります)

行程 お食事
2日目 クライストチャーチ着~国内線~クィーンズタウン着。空港よりお客さまのみで混載バスにてテ・アナウまで移動。<テ・アナウ泊> 機 × 夕
3日目 フィヨルドランド国立公園ハイキング *予定コース:ご参加者のご希望や歩行レベルで決定いたします。<テ・アナウ泊> 朝 昼 ×
4日目 テ・アナウ発でルートバーントラックガイディッドウォークスタート。お泊りは快適な山小屋で。<マッケンジーハット泊> 朝 昼 夕
5日目 ルートバーントラック2日目:コースのハイライト、マウントツトコなどの山々の展望を愛でながら歩きます。<ルートバーンファールズハット泊> 朝 昼 夕
6日目 ルートバーントラック3日目:頑張って歩ききった後は完歩証を貰いながら、美味しいビールを飲み干しましょう。<クィーンズタウン泊> 朝 昼 ×
7日目 お客さまのみで空港、国内線でオークランドへ。弊社提携ガイド会社の現地ガイドがサポート。ニュージーランド最後の夜をお楽しみ下さい。<オークランド泊> 朝 × ×
8日目 お客さまのみで、朝、オークランド国際空港へ移動。その後、日本へご帰国。 機 機

【食事回数】

▽ 朝・5回(ご出発日は含んでおりません)、▽ 昼・4回(自由食・2回)  ▽ 夕・3回(自由食3回)

ハンプリッジトラック(ハンプリッジトラックはキャンセル規定が厳しいです)

行程 お食事
2日目 クライストチャーチ着~国内線~クィーンズタウン着。空港よりお客さまのみで混載バスにてテ・アナウまで移動。<テ・アナウ泊> 機 × ×
3日目 テ・アナウからサザンシーニットルートでトラックの拠点、トゥワタペレに移動。お泊りはキーウィスタイルのホテルです。<トゥワタペレ泊> 朝 × 夕
4日目 トゥワタペレからハンプリッジトラックガイディッドウォークスタート。お泊りは快適な山小屋で。<オカカハット泊> 朝 昼 夕
5日目 ハンプリッジトラック2日目:コースのハイライト、山々の展望と海岸線を愛でながら歩きます。<ポートクレイグハット泊> 朝 昼 夕
6日目 ハンプリッジトラック3日目:頑張って歩ききった後は完歩証をいただきます。その後、お客さまだけで、クィーンズタウンへ。弊社提携ガイド会社の現地ガイドがサポートいたします。<クィーンズタウン泊> 朝 昼 ×
7日目 お客さまのみで空港、国内線でオークランドへ。弊社提携ガイド会社の現地ガイドがサポート。ニュージーランド最後の夜をお楽しみ下さい。<オークランド泊> 朝 × ×
8日目 お客さまのみで、朝、オークランド国際空港へ移動。その後、日本へご帰国。 機 機

【食事回数】

▽ 朝・5回(ご出発日は含んでおりません)、▽ 昼・3回(自由食・3回)  ▽ 夕・3回(自由食2回)

 


①上記の日程は、ニュージーランド航空を利用した場合の出発/到着時間、経由地、および宿泊地です。他航空会社を利用した場合には、それらが変更される場合もあります。予め、ご了承ください。

②また、天候その他によって、ハイキング催行日・コースが変化いたしますことも、予めご了承ください。

ガイド・移動手段

▼ 2日目テ・アナウご到着後からミルフォードトラックはテ・アナウまで、ルートバーントラックはクィーンズタウンまで、ハンプリッッジトラック はトゥワタペレまで当社ガイドがご案内。クィーンズタウンホテル、オークランドホテルでは弊社提携ガイド会社のガイドがご案内いたします。
▼ 空港~テ・アナウへの移動はお客さまのみとなります。また、各地のホテル~空港までの往復、空港でのチェックインはご自身で行っていただきます。この部分について、ガイドも手配可能です。
▼ 移動は基本的に「定期バス」を使用します。

 

ホテルでのお部屋

▼ 二人部屋が基本となります。お一人さま部屋も承りますがご希望に添えないこともあります。

 

使用可能航空会社

▼ ニュージーランド航空・カンタス航空・シンガポール航空・キャセイパシフィック航空など

 

ツアーお申し込み・ご参加のご注意(ツアーお申し込みの前にご一読ください)

 

お申し込みの前に

例年、ガイディッドウォークの予約は混み合いますので、お申し込みはお早めに。

ガイディッドウォークの含まれるオリジナルツアーは、当社のキャンセルチャージとは別に、ガイディッドウォーク社独自のキャンセル料の規定による、「ガイディッドウォークのみのキャンセルチャージ」がかかりますので、こちらも、ご注意下さいますよう、重ねてお願いいたします。

特にハンプリッジトラックは予約規定が変更し、予約と同時にツアー代金の25%の支払が発生いたします。もし、ご出発日の8週間前にキャンセルしてもこの分については、戻りません。また、ご出発47日前からキャンセル料が全額になりますのでご注意ください。

それらのご確認は、当社旅行条件PDF download をご覧ください。

 

ご自身でご手配いただくもの

①日本~クライストチャーチ(またはオークランド)、オークランド~日本の往復国際航空券、
および、日程内にある国内往復航空券(クライストチャーチ、またはオークランド~クィーンズタウン)
【航空会社によっては予約する国内線が変わってまいります。必ずご予約前にご確認ください】

②海外保険(必ずご加入ください)

③ツアー代金の海外送金

 

サイト掲載に関してのお願い

サイト掲載に際し、ツアー日程表が簡単な記載となっております。
詳細な各ツアー日程表をご希望の方は、恐れ入りますが、メールにてお問い合わせ下さい。

2012 / 2013 シーズン(2012年11月から2013年3月発)のツアー

例年大好評!のオリジナルツアー。12・13シーズン分は「渾身」の1本のみ設定!

2013年2月10日現地発(2/9日本発):スチュワートアイランドと北島二座登頂

弊社がスチュワートアイランドのツアーを最後に催行したのは、2007/2008年の年末年始。
それ以来、何人のお客さまに「スチュワートアイランドに行くツアーは企画しないんですか?」と聞かれたことか・・・。
でも、「小さな島の人たちに何回もキャンセルして迷惑を掛けたくない」ということから、ツアー企画をしてきませんでした。
しかし!、2012/2013 シーズンはスチュワートアイランドに行きます! それも、これまたお声が高かった北島のハイキングを組み合わせてツアーを企画いたしました。

全工程は13日間と長いですが、9日間の行程も、10日間の行程もお受けいたします!
今まで、行きたくても行けなかった方、やっといける方、ぜひぜひ、このツアーにお申し込みください。

ツアーのポイント

▼ 日にち設定を日本の祝日も入れて設定いたしました。9日間ご参加の方なら、有給休暇が4日間ですみます。
▼ ニュージーランド南島の南部にあるスチュワートアイランドに二泊し、ラキウラ国立公園のハイキング、キーウィ探索ツアーに参加いたします。
▼ フィヨルドランド国立公園では、通常のツアーでは訪れない、当社ならではのハイキングコースを選択。
▼ さらにトンガリロ国立公園にある北島最高峰のルアペフ山(標高2627m)と、エグモント国立公園にある「ニュージーランド富士」と呼ばれるタラナキ山(エグモント山・標高2518m)にツトコガイドが同行して登頂します。
▼ すでにミルフォードトラックやマウントクックを歩いた方で、「また、ニュージーランドに行ってみたい」、リピータの方には最適。もちろん、ニュージーランドが初めての方でもOK !
▼ 日本を2月9日発でスチュワートアイランド+フィヨルドランドハイキングの9日間、日本を2月12日発でフィヨルドランドハイキング+北島二座登頂の10日間の行程も可能です。

 

 

ツアー催行日と期間

▼ 2013年2月10日(土)クィーンズタウン空港発から2013年2月21日(木)オークランド空港解散までの13日間
▼ 2013年2月10日(土)クィーンズタウン空港発から2013年2月17日(日)オークランド空港発までの9日間
▼ 2013年2月13日(水)クィーンズタウン空港発から2013年2月21日(木)オークランド空港解散までの10日間

 

各トラックツアー代金 (2名さまお申し込み時)

▼ 13日間ツアーの場合、最小催行6名さまで、お一人さま、$3680ニュージーランドドル
(9日間、10日間のツアー代金については、弊社までお問い合わせください)

(この料金に含まれるサービスは、旅行条件書でご確認下さい)
当社旅行条件はこちらからPDF download

ツトコにしか出来ない究極のコース!!

行程 お食事
2日目 クライストチャーチ着~国内線~クィーンズタウン空港着。空港でガイドと会い、専用車にてインバーカーギルまで移動します。<インバーカーギル泊> 機 × 夕
3日目 朝、ブラフまで移動し、フェリーでスチュワートアイランドに渡り、到着後、特別保護区ウルバ島をハイキングします。夜はキーウィ探索ツアーに参加。<スチュワートアイランド泊> 朝 × 夕
4日目 ラキウラ国立公園のロッキーマウンテンをハイキング。夜はキーウィ探索ツアー予備日です。<スチュワートアイランド泊> 朝 昼 夕
5日目 朝のフェリーでブラフに戻り、専用車で山歩きの首都、テ・アナウへ移動します。<テ・アナウ泊> 朝 × 夕
6日目 フィヨルドランドハイキング*予定コースは当社ならではのコース、マナポウリモニュメント。ハイキング後、テ・アナウへ。<テ・アナウ泊> 朝 昼 夕
7日目 フィヨルドランド国立公園ハイキング2つ目
*予定コースはゲートルードサドルコース。<テ・アナウ泊>
朝 昼 夕
8日目 専用車にてテ・アナウからクィーンズタウン空港に移動し、国内線でオークランドへ。 到着後、温泉の街、ロトルアに南下します。<ロトルア泊> 朝 × 夕
9日目 朝、ロトルアからトンガリロ国立公園のあるファカパパビレッジまで移動し、北島最高峰ルアペフ山を登頂します。<トンガリロ国立公園泊> 朝 昼 夕
10日目 ファカパパヴィレッジから、タラナキ山の麓の街、ニュープリマスまで南下します。到着後はごゆっくりとお寛ぎください。<ニュープリマス泊> 朝 × 夕
11日目 朝、宿泊先を出発して、エグモント国立公園にあるタラナキ山(エグモント山)を登頂。その後、ニュープリマスまで戻ります。<ニュープリマス泊> 朝 昼 夕
12日目 終日、専用車にてニュープリマスからオークランドまで北島を北上します。オークランドでニュージーランド最後の夜をお楽しみください。<オークランド泊> 朝 × 夕
13日目 オークランド空港でガイドとお別れ。国際線にて日本へご帰国。 機 機

【食事回数】

▽ 朝・10回(ご出発日は含んでおりません)、▽ 昼・5回(自由食・6回)、▽ 夕・11回


①上記の日程は、ニュージーランド航空を利用した場合の出発/到着時間、経由地、および宿泊地です。他航空会社を利用した場合には、それらが変更される場合もあります。 予め、ご了承ください。
②また、天候その他によって、ハイキング催行日・コースが変化いたしますことも、予めご了承ください。
③ルアペフ山、タラナキ山でのハイキングはコンセッションを所持している現地会社のツアーに、弊社ガイド同行で参加することになります為、他のお客さまと混載になることもあります。

ツアー募集人数

▼ 最小催行人数6名さま 最大催行人数10名さま(少人数となっておりますので、お申し込みはお早めに)

 

ガイド・移動手段

▼ 2日目クィーンズタウン空港から10日目クィーンズタウン空港までは当社ガイドがご案内。10日目と11日目のクライストチャーチでは弊社提携ガイド会社のガイドがご案内いたします。
▼ 移動は「専用車」か「定期バス」を使用します

 

ホテルでのお部屋

▼ 二人部屋が基本となります。お一人さま部屋も承りますがご希望に添えないこともあります。

 

使用可能航空会社

▼ ニュージーランド航空・カンタス航空・シンガポール航空・キャセイパシフィック航空など

ツアーお申し込み・ご参加のご注意(ツアーお申し込みの前にご一読ください)

 

お申し込みの前に

このツアーは催行可能人数が6~10名さまとなっておりますため、すぐに満席となります。どうぞ、お申し込みはお早めに。

それらのご確認は、当社旅行条件PDF download をご覧ください。

 

ご自身でご手配いただくもの

①日本~クライストチャーチ(またはオークランド)、オークランド~日本の往復国際航空券、
および、日程内にある国内往復航空券(クライストチャーチ、またはオークランド~クィーンズタウン)
【航空会社によっては予約する国内線が変わってまいります。必ずご予約前にご確認ください】

②海外保険(必ずご加入ください)

③ツアー代金の海外送金

 

サイト掲載に関してのお願い

サイト掲載に際し、ツアー日程表が簡単な記載となっております。
詳細な各ツアー日程表をご希望の方は、恐れ入りますが、メールにてお問い合わせ下さい。

Contact Us

ご紹介している日程やこれら以外の日程を企画・手配し、ご案内いたします。

お問い合わせフォーム

なんなりとお問い合わせ下さい

よくあるご質問

皆さまからのご質問は、ほぼ7つ