• 2009/2010、2011/2012 シーズン
  • オリジナルツアー

Tutoko Original tour

2011 / 2010 シーズンのツアー

ゆったり滞在型のミルフォードトラックツアー

2011年2月25日現地発(2/24日本発):フィヨルドランド国立公園とミルフォードトラック

ニュージーランドトレッキングについてのお客さまからのご要望は「やっぱりミルフォードトラックを歩いてみたい」というのが圧倒的です。しかし、「ニュージーランドは移動が多くて」「マウントクックは前のツアーで歩いたから」というお声もあります。

そこで、「定番ツアー」ではないミルフォードトラックツアーを設定しました。

ツアー期間は個人旅行では大切な「航空代金が安い時期」の内、晴天率の高い2月下旬とし、移動が少ない「滞在型」でハイキングとミルフォードトラックをガイドと共に楽しめる内容です。

ツアーのポイント

▼ 「世界一美しい散歩道」と言われるミルフォードトラックとニュージーランド最大で弊社ベースとなるフィヨルドランド国立公園での周辺のハイキングを組み合わせたツアー。
▼ ツトコオリジナルツアーならでは!のミルフォードトラック前にフィヨルドランド国立公園で、2日間の日帰りハイキング。
▼ 移動が少なく、滞在して、ゆったりハイキングを楽しみます。

▼ 「ミルフォードトラック」を「フィヨルドランドでのハイキング・ルートバーントラック・クィーンズタウンでのフリー日」にすることも可能です。

 

ツアー催行日と期間

▼ 2011年2月25日(金)クィーンズタウン空港発から2011年3月6日(日)クライストチャーチ空港解散までの10 日間(日本発からだと11 日間)

 

各トラックツアー代金 (2名さまお申し込み時)

▼ 最小催行6名さまで、お一人さま、$4170ニュージーランドドル

(この料金に含まれるサービスは、旅行条件書でご確認下さい)
当社旅行条件はこちらからPDF download

ツトコにしかできない行程です

行程 お食事
2日目 クライストチャーチ着~国内線~クィーンズタウン着。空港で当社ガイドとお会いになり、テ・アナウまで移動。<テ・アナウ泊> 機 × 夕
3日目 フィヨルドランド国立公園ハイキング *予定コース:ご参加者のご希望や歩行レベルで決定いたします。<テ・アナウ泊> 朝 昼 夕
4日目 フィヨルドランド国立公園ハイキング *予定コース:ご参加者のご希望や歩行レベルで決定いたします。<テ・アナウ泊> 朝 昼 夕
5日目 テ・アナウ発でミルフォードトラックガイディッドウォークスタート。船で移動後、最初の日は足慣らし。<グレイドハウス泊> 朝 昼 夕
6日目 ミルフォードトラック2日目:クリントン川に沿って、苔むす原生林の森の中、谷間を進みます。<ポンポローナハット泊> 朝 昼 夕
7日目 ミルフォードトラック3日目:ハイライト、標高差800Mを上がるマッキノンパス越えの日で、ぜひともお天気になって欲しい日。<クインティンハット泊> 朝 昼 夕
8日目 ミルフォードトラック4日目:最後の22km、頑張って歩ききったら、完歩証をいただくことが出来ます。<ミルフォードサウンド泊> 朝 昼 夕
9日目 ミルフォードトラック5日目:氷河が造ったミルフォードサウンドの入り江をクルーズ後、テ・アナウを経由し、クィーンズタウンへ。湖のほとりのリゾート地でお寛ぎを。<クィーンズタウン泊> 朝 昼 夕
10日目 国内線クライストチャーチへ。弊社提携ガイド会社の現地ガイドがサポート。ニュージーランド最後の夜をお楽しみ下さい。<クライストチャーチ泊> 朝 × 夕
11日目 クライストチャーチ空港で現地ガイドとお別れ。国内線を乗り継ぎ、オークランド国際空港~日本へご帰国。 機 機

【食事回数】

▽ 朝・8回(ご出発日は含んでおりません)、▽ 昼・7回(自由食・2回) ▽ 夕・9回

 


①上記の日程は、ニュージーランド航空を利用した場合の出発/到着時間、経由地、および宿泊地です。他航空会社を利用した場合には、それらが変更される場合もあります。 予め、ご了承ください。
②また、天候その他によって、ハイキング催行日・コースが変化いたしますことも、予めご了承ください。

ツアー募集人数

▼ 最小催行人数6名さま 最大催行人数10名さま(少人数となっておりますので、お申し込みはお早めに)

 

ガイド・移動手段

▼ 2日目クィーンズタウン空港から10日目クィーンズタウン空港までは当社ガイドがご案内。10日目と11日目のクライストチャーチでは弊社提携ガイド会社のガイドがご案内いたします。
▼ 移動は「専用車」か「定期バス」を使用します

 

ホテルでのお部屋

▼ 二人部屋が基本となります。お一人さま部屋も承りますがご希望に添えないこともあります。

 

使用可能航空会社

▼ ニュージーランド航空・カンタス航空・シンガポール航空・キャセイパシフィック航空など

 

ルートバーントラックでのご参加希望の場合

▼ 上記5日目がフィヨルドランドハイキング、6~8日目がルートバーントラック→クィーンズタウン、9日目がクィーンズタウンでのフリー日と言う行程にすることも可能です。その場合、2~4日目と10~11日目はミルフォードトラックグループと一緒にご旅行いただきます。

この場合のツアー代金、詳細な各ツアー日程表をご希望の方は、お手数ですが、メールにてお問い合わせ下さい。

 

ツアーお申し込み・ご参加のご注意(ツアーお申し込みの前にご一読ください)

 

お申し込みの前に

例年、ガイディッドウォークの予約は混み合いますので、お申し込みはお早めに。

ガイディッドウォークの含まれるオリジナルツアーは、当社のキャンセルチャージとは別に、ガイディッドウォーク社独自のキャンセル料の規定による、「ガイディッドウォークのみのキャンセルチャージ」がかかりますので、こちらも、ご注意下さいますよう、重ねてお願いいたします。

特にハンプリッジトラックは予約規定が変更し、予約と同時にツアー代金の25%の支払が発生いたします。もし、ご出発日の8週間前にキャンセルしてもこの分については、戻りません。また、ご出発47日前からキャンセル料が全額になりますのでご注意ください。

それらのご確認は、当社旅行条件PDF download をご覧ください。

 

ご自身でご手配いただくもの

①日本~クライストチャーチ(またはオークランド)、オークランド~日本の往復国際航空券、
および、日程内にある国内往復航空券(クライストチャーチ、またはオークランド~クィーンズタウン)
【航空会社によっては予約する国内線が変わってまいります。必ずご予約前にご確認ください】

②海外保険(必ずご加入ください)

③ツアー代金の海外送金

 

サイト掲載に関してのお願い

サイト掲載に際し、ツアー日程表が簡単な記載となっております。
詳細な各ツアー日程表をご希望の方は、恐れ入りますが、メールにてお問い合わせ下さい。

2009 / 2010 シーズンのツアー

今年も企画!年末年始ツアーです

2009年12月26日現地発(12/25日本発):年末発年始着ハンプリッジトラックとフィヨルドランドハイキング

お仕事をされているお客さまから、「年末年始しか休みが取れないので年末年始にツアーをやってもらえないでしょうか」というご要望があり、それでは!と昨年からツアーを企画したことから始まった年末年始ツアー。

昨年、航空券が取れず涙を呑んだ方(?)のためにも今年も企画しました。年末に向けて、どうぞ、お早めにご準備を。

ツアーのポイント

▼ ツアーの期間を年末の金曜日発、年始の日曜日着と出来るだけ長く設定。
▼ ニュージーランド最南端で最新のトラックハンプリッジトラックを歩きます。
▼ 通常のツアーでは訪れない、当社ならではのハイキングコースを選択。
▼ すでにミルフォードトラックやマウントクックを歩いた方で、「また、ニュージーランドに行ってみたい」、リピータの方には最適。もちろん、ニュージーランドが初めての方でもOK !
▼ 予約の難しい年末年始にホテル・ガイディッドウォークを確保いたしました

 

ツアー催行日と期間

▼ 2009年12月26日(土)インバーカーギル空港発から2010年1月3日(日)クライストチャーチ空港解散までの9日間

 

各トラックツアー代金(2名さまお申し込み時)

▼ 最小催行6名さまで、お一人さま、$3780ニュージーランドドル

(この料金に含まれるサービスは、旅行条件書でご確認下さい)
当社旅行条件はこちらからPDF download

ハンプリッジトラック、山の中のロッジ、秘密のハイキング・・・、何だか楽しそうなコースです

行程 お食事
2日目 クライストチャーチ着~国内線~インバーカーギル着。空港でガイドとお会いになり、トゥワタペレまで移動し、前日のハイキングガイダンスを受けます。<トゥワタペレ泊> 機 × 夕
3日目 ハンプリッジトラックガイディッドウォークスタート。ツトコガイドと共に歩き、お泊りは快適な山小屋で。<オカカハット泊> 朝 昼 夕
4日目 ハンプリッジトラック2日目:コースのハイライト、海岸線・島・山々の展望を愛でながら歩きます。<ポートクレイグハット泊> 朝 昼 夕
5日目 ハンプリッジトラック3日目:トラック終了後はサザンシーニックルート途中の静かなロッジに宿泊します。<ボーランドロッジ泊> 朝 昼 夕
6日目 フィヨルドランドハイキング*当社ならではのコース、グリーンレイクハイキング。その後、テ・アナウへ。<テ・アナウ泊> 朝 昼 夕
7日目 フィヨルドランド国立公園ハイキング2つ目*予定コースは「内緒」のミステリーハイキング?です。<テ・アナウ泊> 朝 昼 夕
8日目 テ・アナウ出発後、オタゴ半島へ移動。海洋動物を探しながら、スコットランドの趣のある街ダニーデンへ。<ダニーデン泊> 朝 × 夕
9日目 モエラキボルダーなどの観光地を楽しみつつ、ゆったりと南島東海岸をクライストチャーチへ北上。<クライストチャーチ泊> 朝 × 夕
10日目 クライストチャーチ空港でガイドとお別れ。国内線を乗り継ぎ、オークランド国際空港~日本へご帰国。 機 機

【食事回数】

▽ 朝・7回(ご出発日は含んでおりません)、▽ 昼・5回(自由食・2回)、▽ 夕・8回


①上記の日程は、ニュージーランド航空を利用した場合の出発/到着時間、経由地、および宿泊地です。他航空会社を利用した場合には、それらが変更される場合もあります。予め、ご了承ください。

②また、天候その他によって、ハイキング催行日・コースが変化いたしますことも、予めご了承ください。

ツアー募集人数

▼ 最小催行人数6名さま 最大催行人数10名さま(少人数となっておりますので、お申し込みはお早めに)

 

ガイド・移動手段

▼ 当社ガイドがご案内。移動は「専用車」か「定期バス」を使用します。

 

ホテルでのお部屋

▼ 二人部屋が基本となります。お一人さま部屋も承りますがご希望に添えないこともあります。

 

使用可能航空会社

▼ ニュージーランド航空・カンタス航空・シンガポール航空・キャセイパシフィック航空など

 

ツアーお申し込み・ご参加のご注意(ツアーお申し込みの前にご一読ください)

 

お申し込みの前に

このツアーは催行可能人数が6~10名さまとなっておりますため、すぐに満席になります。どうぞ、お申し込みはお早めに。

 

ご自身でご手配いただくもの

①日本~クライストチャーチ(またはオークランド)、オークランド~日本の往復国際航空券、
および、日程内にある国内往復航空券(クライストチャーチ、またはオークランド~クィーンズタウン)
【航空会社によっては予約する国内線が変わってまいります。必ずご予約前にご確認ください】

②海外保険(必ずご加入ください)

③ツアー代金の海外送金

 

サイト掲載に関してのお願い

サイト掲載に際し、ツアー日程表が簡単な記載となっております。
詳細な各ツアー日程表をご希望の方は、恐れ入りますが、メールにてお問い合わせ下さい。

2009 / 2010 シーズンのツアー

ニュージーランドリピーター向けツアー

2010年1月31日現地発(1/30日本発):スチューワートアイランドとルートバーントラック

「もう、ミルフォードトラックもマウントクックも歩いてしまって、次はルートバーンを歩きたいけど、他コースと組み合わせたツアーがあるといい」と言う方。そんなリピーターの方のためのツアーです。

通常のツアーでは中々訪れることのないスチュワートアイランドでの日帰りハイキングや野生のキーウィ探索、フィヨルドランド国立公園での日帰りハイキング、最後はルートバーントラックで締め、なんて、ツトコオリジナルだけです!

ツアーのポイント

▼ ニュージーランド最南端の島、スチュワートアイランドでハイキングや野生のキーウィ探索。
▼ すでにミルフォードトラックやマウントクックを歩いた方で、「また、ニュージーランドに行ってみたい」、リピータの方に最適の内容です。
▼ 2月でも標高を上げ、知識豊富なツトコガイドとなら高山植物をたくさん見ることが出来ます。

 

 

ツアー催行日と期間

▼ 2010年1月31日(日)クィーンズタウン空港発から2010年2月9日(火)クライストチャーチ空港解散までの10日間

 

各トラックツアー代金 (2名さまお申し込み時)

▼ 最小催行6名さまで、お一人さま、$4080ニュージーランドドル

(この料金に含まれるサービスは、旅行条件書でご確認下さい)
当社旅行条件はこちらからPDF download

ニュージーランド南部に浮かぶ鳥の島、スチュワートアイランド

行程 お食事
2日目 クライストチャーチ着~国内線~インバーカーギル着。空港でガイドとお会いになりホテルに移動。                                <インバーカーギル泊> 機 × 夕
3日目 インバーカーギルからブラフへ行き、フェリーで、ニュージーランド最南端の島、スチュワートアイランドへ。夜は野生のキーウィ探索に参ります。  <スチュワートアイランド泊> 朝 × 夕
4日目 スチュワートアイランド滞在。島内や原生林の森をハイキングします(夜はキーウィツアー予備日)<スチュワートアイランド泊> 朝 昼 夕
5日目 朝スチュワートアイランドを出発、フェリーにてブラフ、その後、サザンシーニックルートをテ・アナウへと移動。                          <テ・アナウ泊> 朝 昼 夕
6日目 フィヨルドランド国立公園ハイキング*予定コース:レイク・マリアンハイキングコース  <テ・アナウ泊> 朝 昼 夕
7日目 テ・アナウ発でルートバーントラックガイディッドウォークスタート。お泊りは快適な山小屋で。                         <マッケンジーハット泊> 朝 昼 夕
8日目 ルートバーントラック3日目:頑張って歩ききった後は冷たいビールで乾杯しながら完歩証をいただきます。                           <クィーンズタウン泊> 朝 昼 夕
9日目 クィーンズタウンから国内線にてクライストチャーチへ移動。ご滞在最後を締めくくります。                                       <クライストチャーチ泊> 朝 × 夕
10日目 クライストチャーチ空港で現地ガイドとお別れ。国内線を乗り継ぎ、オークランド国際空港~日本へご帰国。 機 機

【食事回数】

▽ 朝・7回(ご出発日は含んでおりません)、▽ 昼・5回(自由食・2回)、▽ 夕・8回


①上記の日程は、ニュージーランド航空を利用した場合の出発/到着時間、経由地、および宿泊地です。他航空会社を利用した場合には、それらが変更される場合もあります。 予め、ご了承ください。
②また、天候その他によって、ハイキング催行日・コースが変化いたしますことも、予めご了承ください。

ツアー募集人数

▼ 最小催行人数6名さま 最大催行人数10名さま(少人数となっておりますので、お申し込みはお早めに)

 

ガイド・移動手段

▼ 当社ガイドがご案内。移動は「専用車」か「定期バス」を使用します。

 

ホテルでのお部屋

▼ 二人部屋が基本となります。お一人さま部屋も承りますがご希望に添えないこともあります。

 

使用可能航空会社

▼ ニュージーランド航空・カンタス航空・シンガポール航空・キャセイパシフィック航空など

 

ルートバーントラックでのご参加希望の場合

▼ 上記5日目がフィヨルドランドハイキング、6~8日目がルートバーントラック→クィーンズタウン、9日目がクィーンズタウンでのフリー日と言う行程にすることも可能です。その場合、2~4日目と10~11日目はミルフォードトラックグループと一緒にご旅行いただきます。

この場合のツアー代金、詳細な各ツアー日程表をご希望の方は、お手数ですが、メールにてお問い合わせ下さい。

 

ツアーお申し込み・ご参加のご注意(ツアーお申し込みの前にご一読ください)

 

お申し込みの前に

このツアーは催行可能人数が6~10名さまとなっておりますため、すぐに満席になります。どうぞ、お申し込みはお早めに。

 

ご自身でご手配いただくもの

①日本~クライストチャーチ(またはオークランド)、オークランド~日本の往復国際航空券、
および、日程内にある国内往復航空券(クライストチャーチ、またはオークランド~クィーンズタウン)
【航空会社によっては予約する国内線が変わってまいります。必ずご予約前にご確認ください】

②海外保険(必ずご加入ください)

③ツアー代金の海外送金

 

サイト掲載に関してのお願い

サイト掲載に際し、ツアー日程表が簡単な記載となっております。
詳細な各ツアー日程表をご希望の方は、恐れ入りますが、メールにてお問い合わせ下さい。

Contact Us

ご紹介している日程やこれら以外の日程を企画・手配し、ご案内いたします。

お問い合わせフォーム

なんなりとお問い合わせ下さい

よくあるご質問

皆さまからのご質問は、ほぼ7つ